1. HOME
  2. ブログ
  3. ETロボコンとは?

ETロボコンとは?

ETロボコンとは?

ETロボコンのETとは何でしょうか。

Enbedded Technology の頭文字で、日本語では「組み込みシステム」と言われます。

プログラムが組み込まれたマイコンを、機械に埋め込んで動作させる技術のことです。

みなさんにおなじみのゲームマシンが、ソフトを差し替えると別のゲーム器に変身するのもその一例と言えます。

参加資格は高校生以上です。

今回はETロボコンを観覧する側から見た、楽しむためのルールのポイントや、みどころについてご紹介します。

楽しむためのルールのポイント

ETロボコンを楽しむためにルールの特徴を3つ紹介しましょう。同じロボットの使用、デベロッパー部門、ガレッジニア部門、です。

同じロボットの使用

参加者は同じロボットを使って、その中に自分たちのプログラムの入ったマイコンを組み込みます。

デベロッパー部門

ロボットカーが指定されたコースを走る競技です。性能とタイムの両方が審査されます。

プライマリークラス(初心者向け)とアドバンストクラス(上級者向け)の2通りです。

ガレッジニア部門

プログラムによって動くロボットの様子が評価されます。

みどころ

ETロボコンならではのみどころを3点紹介しておきます。 競技、懇親会、モデリングワークショップ(勉強会)、の3点です。

競技

同じロボットなのに、プログラムによって動作の正確さや速さに優劣がついてしまいます。

プログラムによってどのような動作をさせることができるのか、さまざまなアイデアの実現を体験できるでしょう。

懇親会

競技の後で、自分たちの熱い思いを語り合う様子が体験できるのです。

モデリングワークショップ

プログラムの組み方を中心に、参加者や審査員による勉強会が開かれます。

観覧・観戦

1日目(大会・懇親会)2日目(モデリングワークショップ)ともに見学自由。観戦無料。

1日目の大会のみ事前登録のお願いあり。

おわりに

ロボットコンテスト観戦が趣味の男性

以上のようにETロボコンを楽しむためのルールのポイントやみどころについてご紹介しました。 この大会についてみなさんが興味をもっていただければ幸いです。

公式サイト:ETロボコン

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事