1. HOME
  2. ブログ
  3. かわさきロボット競技大会のルールとみどころ

かわさきロボット競技大会のルールとみどころ

かわさきロボット競技大会とは?

かわさきロボット競技大会は、神奈川県川崎市で毎年開催されている通称『かわロボ』と呼ばれるロボコンです。

高校生以上のバトルロボット部門と小中学生が対象のJr.ロボット部門があります。

基本的には年4回のロボットキットの教室に参加して、製作されたロボットによって行われる競技大会です。

最近では川崎市以外の小中学生や、ロボットキット教室以外で製作されたロボットによる参加も可能になりました。

今回は小学生も参加できるJr.ロボット部門について参加のために必要なこととルールのポイント、勝つためのヒントについてご紹介します。

かわさきロボット競技大会の公式サイト

Jr.ロボット部門に参加のために必要なこと

参加資格は小学3年生から中学生までを含む2名以上4名以下です。

1チームにひとりでも小学生がいれば、あと3人は高校生以上でもよいと考えてよいでしょう。

ただし、ロボットの操縦者は中学生以下でなければなりません。

使用されるロボットは無線操縦(ラジコン)ができるものです。

サイズは幅21cm、奥行き30cm、高さ60cmの枠に収まるものとなります。

試合開始後ロボット本体、付属部品等が伸びるのは、反則になりません。

ロボットの重量は、送信機を除いた機体本体の全備重量で1.5kg以内です。

移動用の脚と攻撃用の腕を備えるものとし、モータは規定されたものとしますが、使用する数量に制限はありません。

使用バッテリーは、リチウム系電池の使用は禁止となっています。

かわさきロボット競技大会、ルールのポイント

ルールはとても多いので重要なものを3つ紹介します。

1. リングの中で1対1の対戦をしてどちらかのロボットが相手を押し出すか倒すかの勝負です。

2. リングは、一辺190cmのゴム床に半径95cm以内の円形の競技フィールドが設置されています。

3. 3ラウンド制で審判の判定によって2本先取した方が価値です。

勝つためのヒント

ヒントも3つ紹介しておきます。

1. 競技はまさにロボット相撲なので本物の相撲に学ぶことが必要でしょう。

2. ルールの項目が多いので、しっかり理解していると有利なはずです。

3. 相手が反則についてよく理解してなければ、何もしなくても勝ってしまうことも有り得ます。

観覧・観戦

どなたでも無料で入場できます。

開催時期

例年8月後半の土日に開催。

おわりに

ロボットコンテスト観戦が趣味の男性

以上のように参加のために必要なこととルールのポイント、勝つためのヒントについてご紹介しました。

参加の条件が毎年広がっている人気の大会ですので、興味をもっていただければ幸いです。

かわさきロボット競技大会の公式サイト

川崎市にあるロボット・プログラミング教室一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事