1. HOME
  2. ブログ
  3. ロボワン

ロボワン

ロボワン(ROBO-ONE)とは?

ロボワン(ROBO-ONE)とは二足歩行ロボットを使用するロボットコンテストです。

このコンテストを主催する団体のロボットコンテストは大きく分けて3つのカテゴリーがあり、ROBO-ONEはその中の一つになります。

⇒ロボワンライト(ROBO-ONE Ligth)の詳細はこちら!

⇒ロボワンオート(ROBO-ONE auto)の詳細はこちら!

学生や社会人、外国人の参加もあり、参加資格の中に年齢を明記したものが見当たりませんので、小学生も参加申請してみる価値があるでしょう。

今回はロボワンについて、参加するために必要なこと、ルールのポイント、勝つためのヒントをご紹介します。

*例年、各地区にて行なわれる認定大会に出場して優秀な成績を残すと参加資格が与えられます。

開催時期

本大会および各地区大会の開催は年2回(2月頃と9月頃)

参加するために必要なこと

参加するためには二足歩行ロボット協会の認める公認ロボットが必要です。

初めて参加する場合は参加要項をよく読んで、公認ロボットとされている市販のロボットを購入すると良いでしょう。

購入したものを組み立てただけのものでも参加できます。

決勝大会に出場するためには、各地で行われる認定大会で優秀な成績をおさめて参加資格を得る必要があります。

ロボワン(ROBO-ONE)ルールのポイント

実際の競技におけるルールのポイントについてお話ししましょう。

競技は二足歩行型のロボットによる対戦形式で行われるトーナメント戦です。

市販のロボットをそのまま使用する場合は問題ありませんが、体重(3kg以下)や形(腕や脚の長さ)の条件が厳しいので加工するときには注意しなくてはなりません。

試合は360cm四方のリングを使用して、1ラウンド制で長さは3分、その間に3回ダウンをうばえば勝ちとなります。

勝負がつかない場合は2分間の延長戦です。

勝つためのヒント

競技が5つありますので、それぞれに共通したことをお話します。

勝つためのヒントについてお話ししましょう。

大技というものがあることを知っておくと良いでしょう。

対戦相手のロボットを空中に浮かせたり、足を高く上げる技を大技とよび、2ダウン扱いになります。

具体的には、背負い投げ、バックドロップ、ハイキックなどです。

実現させるには技術的に難しいですが、何事もチャレンジの精神でアイデアをしぼってみることです。

観戦・観覧

本大会は年2回あり、認定大会は各地で行われますがいずれも観戦は自由です。

おわりに

ロボットコンテスト観戦が趣味の男性

以上のように、ROBO-ONE(ロボワン)について参加に必要なもの、ルールのポイント、勝つためのヒントをご紹介しました。

比較的参加しやすい競技会ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

ロボワン(ROBO-ONE)の公式サイト

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事